TEL:33 (0)9 81 95 93 72  |  Email:jp@ismac.fr

よくあるお問い合わせ

I. ご登録について

プログラムの申し込み方法を教えてください。

– オンライン

a) オンライン筆記試験および必要書類の提出

b) 当校のフランス人講師による口頭試問の案内を受ける

c) 無料体験レッスン

d) 支払い

– ISMAC受付

a) 申請書に必要書類を添付して提出

b) 当校のフランス語教師による筆記試験と口頭試験の予約を取る

c) 無料体験レッスン

d) 支払い

登録料はかかりますか?

登録料:40ユーロ

登録料:(初めて学生ビザをご申請の場合) 80ユーロ

テストを受けずに登録することはできますか?

フランス語の学習経験がなく、まったくの初心者の方を除き、受講者のレベルを判断し、ニーズに合ったコースを提供するために、プレースメントテストは必須となっています。過去に自分のレベルを証明する公的な証明書(DELF、DALF、TCFなど)を取得している場合は、そのコピーを提出するよう求められることがあります。

ISMACの参加登録の締め切りを教えてください。

すでに滞在許可証をお持ちの方は、コース開始の2週間前までに申請書をお送りいただくようお願い致します。A1.2クラス以上へご登録ご希望の方は、レベルチェックテスト後、毎週月曜日から授業を開始することができます。海外在住の方で学生ビザの申請が必要な方は、以下の情報をご覧ください。

ISMACの登録期間を延長するにはどうしたらいいですか?

登録期間終了の2週間前までに、延長の申請をお送りください。

II. 学校が発行する書類について

登録証明書の取得方法について教えてください。

ご登録に必要な書類をご提出いただき、お支払いを確認した後、2営業日以内に登録証明書を作成し、PDF、または書類原本を発行致します。

事前登録証明書の発行は行っておりませんので、予めご了承ください。

出席証明書の取得方法について教えてください。

この書類は、授業にきちんと出席していることを証明するもので、県をはじめとする多くの行政手続きに必要なものです。やむを得ない理由を除き、出席が70%に満たない場合、出席証明書を発行致し兼ねます。。出席証明書の発行をご希望の方は、メールでお問い合わせいただくか、受付にて申請フォームにご記入ください。3営業日以内に書類を発行させていただきます。

期末試験の成績証明書の取得方法について教えてください。

この書類は、授業にきちんと出席していることを証明するもので、県をはじめとする多くの行政手続きに必要なものです。やむを得ない理由を除き、出席が70%に満たない場合、出席証明書を発行致しかねます。出席証明書の発行をご希望の方は、メールでお問い合わせいただくか、受付にて申請フォームにご記入ください。3営業日以内に書類を発行させていただきます。

学生証はどのように入手するのですか?

学生証は、8ヶ月以上ご登録された方のみ発行させていただきます。電子メールで学校に連絡するか、受付にて申請フォームにご記入頂き、証明写真をご提出ください。学生証は、7営業日以内に発行致します。

コース終了時に、卒業証書や修了証書を発行してもらえますか?

当校では、四半期ごとの試験後に成績証明書を発行していますが、正式なレベル証明書は発行していません。 これについては、認定センターまたはISMACにお問い合わせいただければ、必要な情報を提供します。

III. お支払い方法について

授業料の支払い方法を教えてください。

受付にて:現金または小切手

オンライン:銀行振込(振込手数料はお客様のご負担となります)

※クレジットカードでのお支払いは承っておりませんので、ご了承ください。

登録料を分割で支払うことはできますか?

当校では、8ヶ月以上のご登録の場合、分割払いが可能です。料金の分割払いは、その場で小切手を発行し、小切手一式を受付に支払う場合に限り、3回に分割することができます。決済日は経理担当の処理日に応じて行われます。

IV. ビザと滞在許可証について

フランスに留学するためには、必ず しもビザが必要ですか?

シェンゲン協定加盟国(欧州連合)の国籍の方は、ビザは不要です。シェンゲン圏(欧州連合)以外の国の国籍の方は、ビザの取得が義務付けられており、目的に応じて2つの方法で申請することができます。

a) 短期滞在ビザ:90日未満または120日未満、本国で更新が必要。

b) 長期滞在ビザ:通年のビザで、フランスで更新可能です。

学生で短期滞在ビザを取得するには?

出身国のフランス領事館に連絡し、キャンパス・フランスに申請書を提出する必要があります。予約を取るのに必要な時間は国によって異なります。ビザ申請者は、領事当局に滞在予定の目的および滞在条件(十分な資金、宿泊施設の証明)に関する書類を提示する必要があります。詳細については、出身国のキャンパス・フランスにお問い合わせください。

学生で長期滞在ビザを取得するには?

出身国のフランス領事館に連絡し、キャンパス・フランスに申請書を提出する必要があります。予約を取るのに必要な時間は国によって異なります。学生ビザの取得には、約2ヶ月の余裕を持つことをお勧めします。

ISMACへの登録とビザ取得のために必要な書類と手続きは下記の通りです。

1) 登録: a) オンライン筆記テスト

b) 当校のフランス語講師による口頭テスト

c) 無料体験コース d) 正式登録(当校では、最初のビザ申請の場合、週20時間、12ヶ月間の登録を推奨しています)。

2)出身国のキャンパス・フランスでの手続き:

a) 出身国のキャンパス・フランスのウェブサイトでオンラインアカウントを作成する。

b) オンラインの申請書に記入する。

c) 申請書がキャンパス・フランスによって確認されると、申請者は面談を取ることが出来る。

3)キャンパス・フランス領事館での面接:フランス語を学習後、フランスでの明確な学習計画を詳細に提示すること。

4)ビザの取得:ビザの取得後、ISMACにご連絡いただければ、コーススケジュールやフランス滞在に関する個別のご相談に応じます。

ビザが却下された場合、どのように払い戻しを請求できますか?

授業料は、大使館、領事館、または都道府県からのビザ拒否証明書の提示により払い戻されます。手数料として150ユーロを引いた差額を返金致します。なお、書類原本郵送料50€は返金致しかねますので、予めご了承ください。

フランスでの滞在許可証の延長はどのようにすればよいですか?

以下はフランス行政機関の公式サイトです。
https://www.service-public.fr/particuliers/vosdroits/F2231
指示された手順に従ってフランスでの学生ビザの延長手続きを行ってください。

V. 当校のプログラムについて

レベル分けは何段階ですか?

A1.1(完全初心者)からC1まで5つのレベルを用意しています。CEFRで定義されたレベルの尺度に沿っており、DELF/DALF/TCF認定資格で評価されるレベルにも対応しています。

クラスには何人くらい学生がいますか?

一般コースは平均15名、ワークショップはレベルにもよりますが20名程度です。

事前に教材を準備する必要がありますか?

ISMAC講師が、さまざまな資料からコースを構築し、学生に必要なすべての材料を提供しています。材料費の追加負担はありません。

コースはどのように構成され、学生はどのように学んでいくのですか?

四半期ごとに期末試験が行われます(4月中旬、8月中旬、12月中旬。正確な日程につきましては、フランス語コースの欄 の年間カレンダーをご覧ください)。評価基準を満たせない学生は、同じレベルで学習を継続し、次の試験を再受験することができます。試験の結果は、学校の教育・管理スタッフによって処理され、次のレベルへの合格は、取得した点数だけでなく、授業態度、成績、出席率によって決まります。 【注意事項】A1.1レベルでは、コース開始2ヶ月後に試験を実施し、合格者はA1.2クラスへご進級頂きます。

どのキャンパスで授業を受けるのですか?

パリに は3つのキャンパスがあります。コースの正確な場所については、タイムテーブルを参照してください。

先生はどなたで、いつ授業があるのですか?

ご登録の際に、授業の時間帯と担当講師を明記した履修スケジュールを送付いたします。しかし、これらの時間割や担当講師は、変更になる可能性もございますので、予めご了承ください。学生の皆様には、必ず事前に受付よりメールにてお知らせします。 講師は全員、フランス語圏出身で、教師関連の資格を持っています。

学期末試験前にレベルを変更したい、時間帯を変更したい、どうすればいいですか?

授業時間変更の場合は、登録期間の1回に限り、証明書を提出された場合に可能であり、他のレベルへの変更をご希望の場合はメールでお問い合わせください。

上部へスクロール